ブログトップ

golb-いならだく

commodity.exblog.jp

麦芽大盛の想像と創造と妄想。

挑戦

今NHKで、ある、夫婦クライマーのドキュメントが、やっています。凄いです・・・ヒマヤラやら、アンデスやら登山とは違い、まー登山なんですが、ほとんど岩を登り続けています。その事自体に凄さを感じるんですが、この夫婦以前ー30度の中の登山中(ほとんどクライミング)雪崩がおき、奥さんが巻き込まれ、ロープ1本で宙ぶらりんになってしまいました、旦那さんも衝撃を受け、目が一時的に見えない状態になり、なかなか助け出すことが出来ませんでした、そこで、旦那さんが、凍傷を覚悟で手袋をはずし、目が見えない状態で、探り探り岩山を登り、4時間がかりで助け出し、3日掛けてベースキャンプまでたどり着きました。そして、旦那さんは手の指5本足の指5本、奥さん手の指全部足の指5本を、凍傷で無くしました・・・壮絶です・・・しかし、この番組はそこからの夫婦を伝えており、そしてそこに、この夫婦の凄さがあります・・・そうです再挑戦です、この夫婦は言います、指は無くなりました、「正直心が張り裂けるくらい悲しいです・・・でも、登りたいんです。」あまりにもシンプルな答えです・・・いろいろ考えさせられます・・・そして、ほぼ垂直の1000メートルを登りきりました。そしてこう言います「登りきったぞ!!!」この夫婦は、1年中登山してるわけではありません、もちろん僕らとなんら変わらない生活もしています、スーパーにも行くし、多分ココ一番にも行くと思います、多分・・・その生活をしていく上で、指が無くなり、周りから夢破れた、つらいだけの夫婦に見えていたのかもしれません。ただこの夫婦は、そんな事なんのそのでした。もちろん番組には見せていない、つらすぎる現実もあったとは思いますが、もう一度挑戦する凄さは、ただ物凄い崖を、不自由な体で登る、というだけでは言い尽くせないほどのインパクトでした。さて、長々と書き込みましたが、この夫婦を見ていて、僕はこう思いました。不謹慎ですが、自分が今、どのぐらいのものを失い、どのように見られているのか、そして、それでも、どのくらいの崖を登りきってやろうと思っているのか・・・登りきれる技量があるのか・・・すいません、なんか難しい話題でしたね。しかし!登ってみせます!登らないといけないんです!なんか最近服とは関係ない話題ばかりでしたが、もうまもなく新作も上がりますので、ご勘弁を。
[PR]
by commodity-frc | 2008-04-17 02:39 | STAFF BLOG