ブログトップ

golb-いならだく

commodity.exblog.jp

麦芽大盛の想像と創造と妄想。

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

-

d0110991_4295881.jpg

はい。
どうも。










あーーー〜〜〜!!!!!
っ!!!!!!!







やっぱりこいつおもろい…

かなわんわ…





久しぶりに顎を使った(爆笑)




今、
俺がこの道を目指したのは、
この人のせい。
この人のお陰。
この人に憧れて。
この人につられて。
この人が大好きだから。

この人には、
一生、
感謝。

大好き。









かなわん。







あ〜〜〜!!
一年分笑った。
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-26 04:29 | STAFF BLOG

-

d0110991_0532363.jpg

d0110991_053239.jpg

はい。
どうも。

連続で、
ど〜でもいい内容ですよ〜

最近購入し、二度と買わないと、思った物でやんす。
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-25 00:53 | STAFF BLOG

-

d0110991_0371662.jpg

はい。
どうも。


は〜…
あと二ヶ月位で38歳か〜…


なにやってるんだろうな〜…


最近毎日毎日毎日毎日毎日
おばちゃんブランドのタグ付け、
おじさんブランドの裏地縫製…

こんな事やりたかったか?

と、思う毎日…

でも、、、

夢に向って今は我慢時。

まだ、夢に向って生きてるだけ、
夢を夢のままにして、生きていくよりかはましかな。

いや、
勿論生き方は人それぞれ。
勿論何度も何度も夢を諦めて、普通?って言って良いのかな?
そんな生活をしていく事も考えた。
でも、、どうしても、
どうしても夢と設定した景色を見てみたい…
どうやら、
それに到達するには、俺は相当道のりが長いらしい…
ま、
正直、ここまで来たら
意地でも、、、

な、気持ちが強いかな。

そう。
意地でも、夢を叶えてやる。
そして、ふんっ!!見たかっ!!!
と、言ってやりたい奴が多々居る。
勿論、感謝したい相手も居る。

ん"〜…
やっぱり、、、
なっ???!!成れたろ???!!
って言いたい奴の方が多いな〜。


は〜…
俺って敵が多いな〜…
ま、全く後悔も反省もしないけどね!!
いや、、、
反省はあるな…




は〜…
なんか、ほんの少しだけどスッキリした…
フラストレーションが溜まってて誰かを後ろから抱えてそのまま後ろへ、ど〜〜〜っんっ!!
って、したくなってたからな〜…

やはり、頭の中だけで1人会話してたら駄目だな。
活字にするだけで、少しスッキリ。

さて、、、
徹夜でなかなか決まらないデザインを突き詰めるか。
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-25 00:37 | STAFF BLOG

-

d0110991_2351516.jpg

ばい"
ど も"…

風邪ひいたな…

皆さんは風邪ひいた時には何を欲する?


おいらは昔から、
あさくまのレトルトコーンスープ。

幼少期何故か風邪ひくと、
おかんがそれ飲ましてくれたな〜…
あそこのコーンスープは絶品なんだよな〜…
あー飲みたい…
あ、、、
沖縄に無い…
ち…
通販しよっかな…
毎回少なっ!
って思うんだよな…
1リットル位飲みたい…

あ、
そういえば、、、
やっぱり投稿を頻繁にすると閲覧人数って増えるな〜…
こんなくだらんブログ誰見てるんだろ…

もし、俺に会う事があったら、ブログ見てるって教えて欲しいです!

ま、
殆ど名古屋に帰る予定ないから会わないだろうけどね…
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-22 02:35 | STAFF BLOG

-

d0110991_1284895.jpg

d0110991_1284876.jpg

はい。どうも。


先日、豚汁作り過ぎた…
量が伝わりにくいので、
1リットルの牛乳と比較。
すんごい量…
でも…
すんごい美味しかった。
でも…
食べ切るまで、
昼夜食べ続けて、4日掛かったけど…
後半はキムチを追加して、
豚汁うどんにして消化。
最後の方は豚汁に愛着すら出てきて、食べ切るのが切なく感じて来る始末…
豚汁ハイってやつだな…

そういえば、俺って昔から同じ物を何日も食べてても平気だな…
しかし、女子って違うよね。
何食べたい?
って聞くと、
なんでも良いと、言うよね?
で、例えばラーメンと言うと、
え〜…
昼に麺類食べたから嫌だ…
と言う。
麺類って?と、聞くと、
パスタ…

う、うん…
麺類だけど…
ラーメンとは遠過ぎないかい??
と、思う…

あるよね??



あ〜…
八龍行きたい…
一週間連続でも良い…
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-20 01:28 | STAFF BLOG

-

d0110991_34893.jpg

はい。
どうも。


いいアイディアだな。

ジャッカル散歩してると、
殆ど声掛けられない…
たまに、小さい声で、
デカ…

って聞こえるけど…

そんなにデカく無いだろ?
って突っ込みたくなるけど。

だけど、
ももと、もみじが居ると、
かわいい〜!
って確実に一組は来る、
特に子供…


正直、相手するのが邪魔臭い…
わたくし、
そんな人間です。



ま、相手のコミュニケーションの入り方によるけど…

黄色いリボン付けようかな…

付ける趣旨が違うか…



ま、、、
俺が訓練中って事で…







さて、
沖縄に来てもうすぐ一年。
この一年、全くこちらの友達を作らずきた。
今は大分1人にも慣れた。

だから、、、
もっと知り合いを減らしても平気かな?
と、
思い始めている。
本当に、本当に俺が興味をもって、相手も俺に興味をもつ相手だけの関係性だけで生活したい…
1人に慣れて余計その思いが強くなって来た。
本気で、
知り合いは沢山要らなくなってきた…
あわよくば携帯番号変えようか真剣に悩み中…

おや?
暗いか?

いや、
自分的には、
かなり、
かなり前向き。

でも、、
社会不適合者ってのは解ってる…

ん"〜…

難しい問題だな…





今月末、高校の同級生がこっちに遊びに来る。
久しぶりに本気でワクワク…
何喋ろうかな〜♪
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-18 03:48 | STAFF BLOG

-

d0110991_6371397.jpg

はい。
どうも。


ほんと、独り言。


俺、
妥協が癖になってる…
妥協するんだったら、
やらなければ良かったと、後悔するのをしっているのに…
でも、
妥協しなければならない状況ってのも、重々承知している。
他人にとって、妥協しているなんかは悟られない。

でも、
自分自身はハッキリと妥協していると認識している…

妥協が悪では無い事も知っている。
妥協が近道なのも知っている。

でも…
なんか、にがい感情がつきまとう…

この感情が日常化していたのが嫌で、目を背けたんじゃないのか?
この感情が嫌だから、手を引こうと思ったんじゃないか?
この感情を誤魔化すために、人に迷惑掛けたんじゃないか?





よし、、、


遠回りになると知っていても、
満足したい。



構築し直そう。


人生一度切り。
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-17 06:37 | STAFF BLOG

-

d0110991_2202077.jpg

はい、
どうも。

は〜…
最近服以外のデザインしてないな…
久しぶりに柄考えるか…
思い切って、総柄にしようかな〜…
うん。
そうしよ〜!
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-17 02:20 | STAFF BLOG

-

はい。
どうも。


心より愛してる人は居るかい?





2月8日、米国のある女性が89年の人生に幕を閉じた。66年間連れ添った妻の死に際し、
94歳の夫は寝言で「寂しい」と漏らすほど深く悲しんでいたという。
そして女性の葬式が行われた16日、車で葬祭場に到着した夫が突然力を失い、
妻と別れの言葉をかける前に急死。相次いで両親を失った子どもたちはショックを
受けながらも、急遽2人の葬式に変更すると、ユーモアある父を偲んで
「驚きのダブルヘッダー」と書いたポスターを掲示し、駆けつけた参列者らを驚かせた
という。



米紙グレンズフォールズ・ポストスターや米放送局NBC系列WNYT-TVによると、
揃って知人に別れを告げる事態となったのは、ニューヨーク州ケンブリッジで暮らして
いたノーマン・ヘンドリクソンさん、グウェンさん夫妻。
2人の娘をもうけた夫婦は、幸せな結婚生活を送り晩年を過ごしていたが、そんな時間も
66年で終わりを迎えた。数年前からパーキンソン病を患っていた妻グウェンさんは、
家で娘たちの看病を受けながらの生活を続けていたものの、2月8日に89歳で
息を引き取ったという。

長年連れ添った妻が天国へ旅立ち、「父は生きる気力を失ったんだと思う」と話すのは
2人の娘ハウランドさん。娘たちが小さい頃から「『相手を残して逝かない』と冗談で
約束していた」というほど、両親はお互いを深く愛しあっていたそうだ。
またグウェンさんが亡くなった直後、ハウランドさんは父が「一緒に素晴らしい人生を
送ったね、愛してるよ。寂しいけど私を見ててくれ」と妻へ語りかけている声を聞いた
という。しかしこのとき、家族にさらなる悲しみが迫っているとは思いもよらなかった。

それから8日経った16日、夫と娘たちはグウェンさんの葬式を執り行うため、
会場の葬祭場へと向かう。
そして式場に到着した夫に、降りて間もなく異変が起きた。突然意識を失って倒れた
彼は、すぐに駆けつけた救急隊から救命措置を取られるも回復せず、妻との別れに臨む
直前に自身も帰らぬ人になったという。

母だけでなく父も失う唐突の出来事に、ショックを受けた娘たち。
しかし、地元でもいつも冗談を言って面白い人として有名だった父の死を、彼女らは
冗談でムードを明るく周囲へ伝えようと即座に考えた。急遽両親一緒の葬式を準備した
娘たちは、式場の入り口に「驚きのダブルヘッダー」とのポスターを掲示。
夫の急死を知らずに駆けつけた人たちはこのポスターに驚いたそうだが、ある男性は
「ほかの人なら悲しい出来事だが、彼はそうじゃない。とても彼らしい」と話し、
妻を追ったかのようなノーマンさんの死を悼んだという。

家族にとってはショックとはいえ、“冗談だったはずの約束”を守って仲良く天に召された
夫婦。病から解放された母と「苦しむことなく、突然呼吸が止まった」父に対し、
娘のハウランドさんは「彼らがお互いに強く求めていたということ」と考えているそうだ。
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-15 04:09 | STAFF BLOG

-

d0110991_2194916.jpg

はい。
どうも。


おいらも、
突っ込んでみたい。


早く気付けよ〜
狂牛病だよ、それ。
[PR]
by commodity-frc | 2013-05-09 02:19 | STAFF BLOG